構造・工程|無端ろ布走行式フィルタープレス クボタ ランフィル

メンテナンス作業を大幅に削減

ろ布の交換は巻取り装置により旧ろ布を巻取ると同時に、新ろ布を機内に引き込むため、短時間で簡単に作業が完了。
パッキン類はすべてろ板の左右外側に配置され、ろ室の中に入ることなく点検、交換が可能。

全室ろ布交換時の作業人数と作業時間

全室ろ布交換時の作業人数と作業時間

ケーキ掻き落とし作業が不要

全室同時開板後、無端ろ布が走行するため、薄いケーキや剥離性が悪いケーキも、ろ板下部のロール通過時に剥離し落下。
ケーキを掻き落とす作業は不要。

全室ろ布交換時の作業人数と作業時間

高速処理によりコンパクト化を実現

室同時開板、ケーキ排出の直後にろ布洗浄を開始。ろ過・圧搾以外の雑時間(※)を大幅に短縮することで、高い稼働率を実現。
必要処理量に対する、ろ過面積を小さくすることで低価格化とコンパクト化を実現。

※ 雑時間 = 開閉板・ケーキ排出・ろ布洗浄に必要な時間

運転サイクル(イメージ)

運転サイクル(イメージ)

本体サイズ(イメージ)

本体サイズ(イメージ)

ページの先頭へ